YUKEMURI SOUND #02 @ CDR

ゆけむりサウンド Vol.2
100枚限定

2014年07月13日(日)
綱島温泉湯会~なつゆね~にて頒布
※同日 YUKEMURI SOUND #03 頒布開始

2014年04月13日(日)
綱島温泉湯会~はなゆね~より頒布開始

SHOPで見る

1975120_602870823130647_12690356_n

■セットリスト
https://yukemurisound.com/setlist2
※パスワード:CDケース見開き「THANKS!!」上から4人目、下から2人目の人物フルネームを半角大文字ローマ字スペース抜きで入力






sample







cdr


1978708_602870816463981_1514277918_n






time


01. トーニャハーディング / 00:00-17:44

02. Nachu / 17:44-36:33

03. J.A.G.U.A.R. / 36:33-56:48

04. CARP / 56:48-76:41






trailer







process


10178222_291037941061205_394034988_n

10255630_291037947727871_116559807_n

10248864_291037944394538_374725282_n






liner



ライナーノーツ ゆけむりSOUND vol.2

みなさま大変お世話になっております。冬の音泉温楽の会場、渋温泉の温泉宿「金具屋」の九代目の西山和樹といいます。 2009年に金具屋で始まった音泉温楽。以降毎年たくさんのみなさまにご来場いただき、あらためて心より御礼申し上げます。 恥ずかしながら私はまったく音楽に詳しくありません。 クラブなどに足を踏み入れたこともなく、ライブやフェスなどですら遊びにいったことはないというありさま。 このライナーノーツも、Nachuさんから「書いて頂きたいのですが!」と言われて、あわてて『ライナーノーツ 意味』で検索したところからでした。 旅館に戻って以降、生の音楽に触れるといえば場末のスナックで酔っ払いのおっさんたち(自分含む)とホステスたち(私の小学校の同級生含む)の唄うカラオケくらいなもの。 私はさまざまな偶然とたまたまという産物で、音泉温楽の誕生から今に居合わせていただけのものなのです。 さて2013年冬の音泉温楽。ここに歌謡曲DJsなる4人のDJがやってきました。金具屋内にDJブースを作るのだと。 金具屋で12年前くらいまで営業していたスナック跡地がその会場になりました。 正直言ってDJってなんだか怖いイメージがあったので、どうなるのか心配でありました。 おそるおそる会場の入り口をチラっと見に行ったそのときに、聞こえきたのはカラオケで聞き慣れたヒットソング!見えてきたのはそれをみんなで大合唱する酔っ払いたち! それは我々が親しむ場末のスナックと寸分たがわぬ光景だったのです。 イベント後の打ち上げも歌謡曲DJ宴会となりました。 カラオケ定番がかかる、なつかしソングもかかる、歌いたいときは歌う、飲むときは飲む。しゃべるときはしゃべる。 気づいたのです。ああ、これは、このDJ宴会は、地域や世代を問わず、新しい文化になる…新しい宴会スタイルだと! このゆけむりSOUNDは、そのときの渋温泉での体験をキッカケに作り出したものだと聞きました。 温泉が、宴会が、我々のそしてすべての人たちの「新しい遊び場」になる。 そんな日がすぐそこまできています。 ”ゆけむりSOUND” 私はまた新たな文化の誕生の場に居合わせてもらえたのかもしれません。

歴史の宿金具屋九代目 西山和樹

WE ARE ゆけむりDJs . JAPANESE MUSIC ONLY MIX