YUKEMURI SOUND #07 @ CDR

DJ CARP、J.A.G.U.A.R.、Nachu、トーニャハーディングの
4人で共作しているDJ MIX

温泉NEW宴会アフターパーティを1枚のCDに詰め込んだ・・・

ゆけむりサウンド Vol.7
100枚限定

2015年8月28日(金)
東京新宿手帳 -LATIN MUSIC SPECIAL- @渋谷OTO にて頒布開始

2015年9月5日(土)
加賀温泉郷フェス アフターパーティで頒布

SHOPで見る

11892357_864599486957778_7429679093138532462_o

■セットリスト(収録曲)
http://yukemurisound.com/setlist7
※パスワード:CDに封入のライナーノーツ下部に記載

 

 

 

 

 

sample

 

 

 

 

 

cdr


11893928_864599406957786_4952395382695584372_o

 

 

 

 

 

time
 

 
 

01. CARP / 00:00-20:10

02. トーニャハーディング / 20:10-38:37

03. Nachu / 38:37-:56:48

04. J.A.G.U.A.R. / 56:48-76:48


 
 
 
 
 
 

process
 

11880061_516489838516013_1621142261_n

11880938_516489848516012_946139844_n

 

 

 

 

liner
 

 

ライナーノーツ ゆけむりSOUND vol.7

いまさら僕が「日本語楽曲だけでDJすることの意義」とか「グルーヴ作りの妙」といったことを云々しても無意味だろう。むしろ今回の『ゆけむりSOUND』を聴いて僕が重要だと思ったのは、この4人がどんな人達であるか、ということを皆さんにお伝えすることである。

 トップバッターを務めるのはDJ CARPだ。僕は彼が怒っているのを見たことがないし、誰かに対して偉そうにしたりヘコヘコしたりしているのを見たこともない。彼にとっての正義はパーティーを盛り上げることで、それに応えてくれるDJやお客さんを褒めちぎることなのだ。で、彼は昔の曲だろうが最新のJ-POPだろうが、歌詞の些細なワンフレーズに固執する。印象的なワンフレーズはイマジネーションのスイッチであり、そこからどの曲へジャンプするかのチケットでもある。だからこそ彼の繰り出す劇的なカットインはフロアにしっかりと突き刺さる。変幻自在と思われる彼のDJプレイは確固たるオヤジギャグ魂によって裏付けられているし、日常からそのために途方もない準備をしているのを僕は知っている。要はマジメなヒトなのだ。

 マジメといえばトーニャハーディングである。コミカルな言動に騙されがちだが、彼は僕と呑みに行くと「音楽はどう作られるべきか、どうプレイされるべきか、どう聴かれるべきか」を滔々と語るし、音楽をどう楽しむべきなのかという受け手の視点も絶対に忘れていない。フロアのほとんどの人が知らない曲を、あたかもそこでプレイされることが当たり前かのようにドロップする現場を僕は何度も見てきたが、そういうことができるのは(しかもそこで場が凍りつくことがないのは)、彼が真摯に音楽を愛し、それを愛する人も愛する、という信念があるからだと勝手に思っている。好きです。

 信念なのか何なのか、ひたすら自信満々なのが3番手のNachuだ。僕は彼女が初めてDJ機材を触るところから見てきたが、あっという間に見えないところまで飛んでいってしまった。その速度を彼女が手に入れられたのは、彼女の中にある「自信」のおかげだろう。圧倒的に聴いて、圧倒的に現場へと足を運び、圧倒的に誰でも声をかけ、人脈と場数を加速度的に増やしていく。こんなこと、自分に自信がなければ絶対に不可能だ。女性J-POP DJとして間違いなく日本一と言えるNachuのプレイは自信に裏付けられていて、だからこそ意外な繋ぎにすら盤石さを感じさせるところがある。みんな、自信持って生きるといいよ。

 で、しんがりを務めるJ.A.G.U.A.R.なのである。彼のDJはまことに緻密だ。どんな現場であっても、たとえフロアを充分に盛り上げることができなかった日があっても、「今日は調子が悪かった」などという泣き言を絶対に言わない。そして彼のプレイに対して「ああ、またこの繋ぎね」という印象を持ったこともない。僕はその理由がまだわからないままなのだが、ひとつは「お客さんとして数々の現場をこっそり(しかもじっくり)観察しているからなのではないか」、と睨んでいる。見た目通りの職人感あふれるプレイはこのCDでも思う存分楽しむことができるが、僕にとってJ.A.G.U.A.R.は怪物のようなDJであり、いつまでも見ていたい存在でもある。

 さて、僕自身「DJ4人のミックスリレーCD」というのを他に聴いたことがないのだが、確実なのは4人の個性が似通いすぎても、かけ離れすぎてもいけないということである。彼らが数限りない現場をこなすうちに身についた「それぞれの得意技」に対する意識と「お互いをあっと言わせよう」と思うイタズラ心にも似た意識。これが根底にあるからこそ、このMIX CDは聴き手の心をワクワクさせたり、安心させたりしてくれるに違いない。

2015年8月
からぱた

東京歌謡曲DJs→ゆけむりDJs JAPANESE MUSIC ONLY MIX